より良い建設事務所に依頼し、理想の住宅を手に入れよう

費用を抑えた住宅作り

設計事務所に支払う料金とは

住宅を建築する場合において設計事務所での建築は費用が掛かるというイメージが強い人も多いのです。これは工事にかかる費用とは別に設計監理料なる料金を設計事務所に支払う必要があるからです。もちろんハウスメーカーや工務店などで住宅を設計した場合においても設計料は掛かります。しかしこうした会社の場合施工までを自社で行う、あるいは施工に関する費用も見積もりに含まれています。ですからこうしたところに設計料を分散させて見積もりを作ることも可能です。ですから額面上で見た設計料が設計事務所に支払う費用よりも極端に少ないということも多いのです。とはいえ住宅を建築する際に設計は重要な部分ですのでしっかりと計画を立てる必要があります。

建築士の業務内容とは

設計事務所がハウスメーカーや工務店と大きく異なる点は施工会社が独立しているという点です。もちろん施工会社の中やハウスメーカーには現場を管理する担当者がいます。この担当者が現場が図面通りに施工されているかや材料の段取り、職人の手配などを行います。こうした現場管理者とは別に設計事務所の建築士もプロの目線でより施主の立場にたって現場を監理してくれるというメリットがあります。施工会社に所属している担当者は場合によっては会社に利益のある行動をとりかねません。しかし設計事務所の建築士はこうした必要がないのです。とはいえ設計事務所の中にも施工会社と談合を行いこうした監理義務を怠っているところがないわけではありません。注意して設計事務所を選択する必要があります。