より良い建設事務所に依頼し、理想の住宅を手に入れよう

買取をしてもらう

有利な条件で相続不動産を売りたい場合には

 相続した遺産の価格が課税控除額を超えている場合には、その超えている部分に一定の税率をかけた相続税を納めなくてはならないことになっています。不動産は価格が高い商品であるため、残されていた遺産の中に不動産が含まれている場合は、相続税の支払い義務を負うことになる可能性が高いです。不動産の他に預貯金なども相続した場合であれば、それを納税資金にあてることができますが、不動産だけを相続した場合には、自分の財産の中から納税資金を捻出することになります。しかし、手持ちのお金があまりないという人が少なくありません。相続税には10ヶ月という納税期限がありますので、それに間に合うように相続不動産を売却して納税資金を作りたいと考えている人は、相続不動産売却専門業者を利用するのが一番です。相続不動産売却専門業者に頼めば、期限ギリギリまで、有利な条件の買主を探してもらうことができます。そして、どうしても買主を見つけ出すことができなかった場合には相続不動産売却専門業者に不動産を買い取ってもらうことができますので、安値で売り急ぐことを避けることができます。

相続不動産売却専門業者の費用について

 相続不動産売却専門業者を利用した場合にかかる費用は、不動産売買契約が無事に成立した場合にだけ発生します。不動産取引の仲介業務では成功報酬主義が取られていますので、売買の仲介を依頼しただけで何らかの費用が発生するようなことはありません。また、無事に売買契約が成立した場合に発生する手数料額については、宅地建物取引業法で定められている上限率が適用されることになっていますから、安心して仲介を依頼することができます。具体的には、売却代金の3%強の手数料がかかります。一方、どうしても納税期限までに買主を見つけ出すことができなかった場合には、相続不動産売却専門業者に、あらかじめ決めてあった価格で不動産を買い取ってもらうことになります。その場合、相続不動産売却専門業者は契約の当事者ということになりますので、仲介手数料は発生しません。